引越し業者の選び方 見積り訪問時はココに注意するべし!

引越し業者の見積り訪問の落とし穴!

引越し一括見積りで引っ越し料金が一番安い引っ越し業者をみつけたとしても、引っ越し業者からその後に

 

「より詳しい引っ越し料金をご案内させていただくために、
 実際にお運びするお荷物などをチェックして見積額を出させてください。」

 

 

的な見積り訪問に関する電話が入るはずです!

 

 

そのとき、「見積りサイトで出て金額よりもお安くすることも・・・、云々」といったセールストークもでてくるわけですが、実際問題、やはり運ぶ荷物の容量をチェックしてもらわないと、正確な料金は出てきません。

 

 

ですから、見積り訪問を受けるのは間違いではありません。

 

 

 

ですが、引っ越し業者さんによっては、「うちに決めてくれるまで帰りません!」といわんばかりの態度を示す業者があります。
(実際、わたしもこの攻撃を受けてしまいました)

 

 

でも、恐れる必要はありません。
彼らは、決めてくれないとどんどん値段を下げてきます。

 

 

だから、閑散期などの引っ越しであれば、こちらの言い値で引っ越しをしてくれることもあります。
もちろん、常識的な範囲の引っ越し料金という前提ですが。

 

 

仮に、面倒くさくなって、その引っ越し業者で契約しても、慌てる必要はありません。
その後、ちゃんと他の引っ越し業者さんの見積りをしてもらってください。

 

 

すると、その業者さんが見積もり金額を提示してくるので、その前に来た引っ越し業者さんとの価格を比較して、安ければそのままでもいいし、「もう一声!」って値切ってもいいでしょう。

 

逆に、前に来た引っ越し業者さんの見積り金額よりも高ければ、「実は他の引っ越し業者さんにも見積りをお願いしたのですが、そのときの金額より高いので、ゴメンナサイ」といえば、絶対に、

 

 

「その業者さんはいくらで提示してきましたか?」

 

 

って聞いてくるので、そこで見積りの金額を正しく言っちゃだめです!
そこでは、「え〜、いくらだったかな〜、確か○万円だったかな?」というように、本当に提示された金額よりも安い金額を伝えます。

 

 

すると、業者によっては、その金額よりも安くしたり、同じ金額に何かしらのサービスを付け足した提案をしてきます。

 

 

ちょっと、引っ越し業者さんには悪い気もするかもしれませんが、引っ越し料金を少しでも安くするというのであれば、これくらいの駆け引きは必要になってきます。